2012年12月11日

直前期

来月から、中学受験が始まります。

最後の追い込みに忙しく、疲れが心配な時期です。塾では、以下のような徴候がないか、気をつけています。

・以前は解けていた問題が、解けなくなっている。国語の長文の内容が頭に入っていなかったり、算数でデタラメに数値を代入している。

・とりつかれたように本や漫画を読んだり、おしゃべりをしている。注意されても、何について注意されているのか理解できない。

・普段は活発なのに、ぼーっとしている。

一つ一つのことは、お子さんがサボっていたり、塾の指導が悪いということで片付けられてしまう程度のことですが、いくつも違和感がある行動を取っているときは、かなり危機的な状態です。

落ち着いて物事に取り組んだり、客観的に物事を見られなくなっている状態では、いくらプレッシャーをかけても、勉強できません。

お子さん自身は、心の余裕がなくなっている時期なので、普段以上に様子を見守る必要があると思います。
posted by 算数・理科の兼学塾 at 15:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お世話になっております。我が娘は、心の余裕がなくなるどころか、いつものようにマイペースでやっております。大物になるのか、それとも鈍感なままで一生終わるのか将来のことはわかりませんが、この時期においてもまだまだ火が付いていないことだけは親の目からもはっきりと見て取れます。さて、与えられた時間を全く気にしない娘なんですが、国語の過去問を解くのがすごく遅いのが気になります。特に、山脇の国語は難度が高いのか、文章を何度も読んで問いに引用する文を探そうとするため、多くの時間を費やしてしまいます、作戦として文章問題以外の知識問題から解くように言っておりますが、文章問題になるとスピードが極端に落ちるので困っております。何か良い手段があれば教えて下さい。よろしくお願いいたします。
Posted by 橋本 at 2012年12月13日 20:01
コメントありがとうございます。

山脇の国語では説明文の難易度が高く、私も、説明文で時間を使いすぎないように、時間配分の練習が必要だと思います。

ただ、山脇の過去問以外でも、小説を何回も読み直していたり、小首をかしげているうちに時間がたってしまうことがあります。一声かければ、けっこう順調に解けるのですが……

小説は20分以内に解くなど、具体的な時間配分の目安を持つように、塾で話します。
Posted by 兼学塾 at 2012年12月15日 21:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60684120

この記事へのトラックバック