2018年06月21日

中高一貫公立校について

最近、塾に中高一貫公立校の入試について、よく問い合わせがありますが、最初は、安易に受験をしないほうが良いと申し上げています。ちょっと作文対策をすれば合格すると誤解されている方が多いのですが、実際には、相当な難関であるうえに、受験生のメンタルに及ぼす悪影響も懸念されるからです。中高一貫公立校の入試では、学力が不足している小学生にとっては、何が難しいのかすら分からない問題が出題されます。何か書けば受かるというような姿勢で受けて不合格になると、落ちた原因を理解できず、「自分は勉強に向いていない」「受験はいやだ」といった間違ったイメージを持つ危険があります。中高一貫都立の入試では、読解力や記述力が必要なのはもちろんですが、概数・単位・図形などについての理解、理科の応用力など、一朝一夕では身につかない力が必要になります。もし受験するのであれば、普通の中学受験で必要になる程度の勉強量は確保し、基礎学力をつけたうえで受けるべきだと思います。
posted by 算数・理科の兼学塾 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183602720

この記事へのトラックバック