2017年12月20日

冬季講習

冬期講習が明けると、すぐに入試が始まります。この時期は、基礎知識の確認、算数や国語を考える勉強、過去問演習のバランスが大切です。特に男子に多いのですが、ゲーム感覚で過去問を解くだけで、ほかの家庭学習がおざなりになると、基礎知識の確認がおろそかになってしまいます。また、難関校を狙う場合は、最後まで問題を試行錯誤して考える練習を続け、問題文の読解や条件整理を素早くこなすカンを鈍らせないことも重要です。

1月は、学校を休むべきかどうか、ご相談を受けることがありますが、学校を休むのはあまりおすすめしません。普通、小学生が空いた時間を有効活用して飛躍的に学力を伸ばすなど無理ですし、落ちたらどうしようというプレッシャーにつながってしまうからです。インフルが大流行していたり、ご本人の強い意志で学校を休んでまで受験勉強をしたいということでなければ、通常の生活を送ったほうがいいと思います。

posted by 算数・理科の兼学塾 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181889079

この記事へのトラックバック