2015年12月25日

いよいよ冬休み

いよいよ冬休みです。直前期に、よく感じることをまとめてみました。

直前期に、やらない方がいい勉強法
・新しく家庭教師や塾を追加する
小学生の場合、新しい環境で何かを始めることは、負担になってしまうこともあります。特に、小学校を休ませてまで家庭教師をつけたりするのは、結果が悪かった場合、大きな精神的ダメージを残すことにもなりかねません。
・過去問ばかりを解く
過去問ばかりを解いていると、体系的に知識を整理できず、基礎の抜けができてしまうことがあります。また、学校ごとに出題傾向はありますが、毎年、少しずつ変わっていきます。どのような問題にも対応できるように、一般的なテキストの見直しにも時間を割いてください。

難関中学を目指す場合中堅校を目指す場合
一見、難しそうな問題セットでも、実際には、国語の読解、算数の基本問題、理科・社会の知識問題などで合格点に達します。過去問演習などが半分、基礎的な学習が半分、くらいのバランスで勉強するのがいいと思い
最後まで、試行錯誤して解答を導く力を伸ばしていくことが重要です。過去問や応用問題の演習に力点をおいてください。また、難関中学を目指す場合、苦手な分野を放置すると危ないので、必ず弱点の見直しをしてください。

ます。間違い直しや苦手な問題の克服などにも過剰にこだわらず、今、できていることを確実にアウトプットできるように練習してください。

成績不振で低迷している場合
国語の読解、算数の計算、比や割合の基礎などを、最後までコツコツこなすのがいいと思います。併願校を適切に選べば、それだけでも合格します。また、公立中に進学する方が、客観的に見ても望ましい場合もあります。第一志望に不合格だった場合、どうするのかをしっかり話し合ったうえで、安心して入試に立ち向かえるように、雰囲気作りをなさってください。
posted by 算数・理科の兼学塾 at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記