2014年09月24日

過去問演習の意味

過去問を解き始める時期ですが、個人的には、11月頃までには、第一志望の過去問を数年分解いておく方がいいと思います。理由は以下の通りです。

1 何を勉強したらよいのか、受験生本人が自覚できるようになる。
中学受験生にとって、自分自身で情報収集をして、学習計画を立てるのは、難しいことです。どうしても塾の先生や、おうちの方に指示されたことを受け身でこなすようになりがちです。しかし、過去問を解いて、ゴールが見えるようになると、自分で課題を考えられるようになります。どんな「カリスマ先生」に教わるより、自分で問題意識を持って試行錯誤する方が、成果があがります。

2 過去問を解くことで、基礎の弱点が発覚することがある。
過去問を解くと、「漢字の書きができない!」「基礎レベルの文章題が解けない!」といった、深刻なことが表面化することがあります。過去問は、塾の問題パターンとは違うので、本質的な理解に達していないと、普段できていることもできなくなります。冬休み前に問題が発覚すれば、冬期講習を休んで基礎を徹底するなど、思い切った対策もとれます。

3 第一志望を変更するとき、熟考できる。
過去問を解いて、複数の科目で基本問題を落としているようであれば、第一志望を変更する方が無難です。標準的なカリキュラムでは、社会の公民以外、小6の春の時点で、全範囲の問題練習が終わっています。今まで、くり返し勉強してもできなかったことが、2ヶ月くらいでどうにかなるというのは、現実的に考えにくいです。(冬期講習でどうにかできると保護者を説得する業者もありますが、悪徳商法に近いと思います)
第一志望を変更すると、出題傾向や日程によって、併願校も調整が必要になります。10月頃であれば、学校説明会に足を運んだり、複数の中学の過去問を解いて相性を検討するなど、じっくりと志望校を検討できます。

4 直前期に余裕ができる。
直前期は、理社の見直し、苦手分野の復習など、色々とやるべきことがあります。直前期は、過去問だけにかかりきりにならず、総復習に励む方が、学力が最後まで伸びていきます。特に、難関校を受ける場合は、最後まで新しい問題にチャレンジし、読解力や分析力を磨いてください。

気が滅入るようなことばかり書いてしまいましたが、中学受験では、ご本人がまだ子供ということもあり、保護者の方はリスクを直視して、塾と連携しながら複数の選択肢を考える方がいいと思います。過去問は、お子さんが受験について現実的に考えるきっかけとなり、保護者の方や塾にとっては、状況を分析する手がかりとなります。塾によって、過去問の指導法は異なりますが、ぜひ、余裕のあるスケジュールで過去問を進めてください。
posted by 算数・理科の兼学塾 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問演習