2018年06月21日

中高一貫公立校について

最近、塾に中高一貫公立校の入試について、よく問い合わせがありますが、最初は、安易に受験をしないほうが良いと申し上げています。ちょっと作文対策をすれば合格すると誤解されている方が多いのですが、実際には、相当な難関であるうえに、受験生のメンタルに及ぼす悪影響も懸念されるからです。中高一貫公立校の入試では、学力が不足している小学生にとっては、何が難しいのかすら分からない問題が出題されます。何か書けば受かるというような姿勢で受けて不合格になると、落ちた原因を理解できず、「自分は勉強に向いていない」「受験はいやだ」といった間違ったイメージを持つ危険があります。中高一貫都立の入試では、読解力や記述力が必要なのはもちろんですが、概数・単位・図形などについての理解、理科の応用力など、一朝一夕では身につかない力が必要になります。もし受験するのであれば、普通の中学受験で必要になる程度の勉強量は確保し、基礎学力をつけたうえで受けるべきだと思います。
posted by 算数・理科の兼学塾 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験情報

2018年02月19日

最近の中学受験について

近年の中学受験では、英語が試験科目として選択できたり、中高一貫公立校の問題形式で受けられるなど、選択の幅が広がっています。個人的には、入学後に膨大な宿題やテストをこなさなければならないことを考えると、四科目型のオーソドックスなカリキュラムで勉強しておくほうがいいと思います。ただ、個性に合った勉強法を選択して、得意分野を磨いていくという方針は、今後の大学受験や社会のニーズには合っています。得意・不得意がはっきりしているお子さんの場合は、入学後に大丈夫そうであれば、小学生のうちから長所を伸ばすような勉強法もありかもしれません。実際、最近は、兼学塾でも英検や数検を何学年も先取りしたり、コンテストや留学などにチャレンジする生徒さんが増えています。2月から新学年の授業が始まっていますが、単に解法を教えるというだけではなく、一人ひとりの将来を見据えて、指導していきたいです。
posted by 算数・理科の兼学塾 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月20日

冬季講習

冬期講習が明けると、すぐに入試が始まります。この時期は、基礎知識の確認、算数や国語を考える勉強、過去問演習のバランスが大切です。特に男子に多いのですが、ゲーム感覚で過去問を解くだけで、ほかの家庭学習がおざなりになると、基礎知識の確認がおろそかになってしまいます。また、難関校を狙う場合は、最後まで問題を試行錯誤して考える練習を続け、問題文の読解や条件整理を素早くこなすカンを鈍らせないことも重要です。

1月は、学校を休むべきかどうか、ご相談を受けることがありますが、学校を休むのはあまりおすすめしません。普通、小学生が空いた時間を有効活用して飛躍的に学力を伸ばすなど無理ですし、落ちたらどうしようというプレッシャーにつながってしまうからです。インフルが大流行していたり、ご本人の強い意志で学校を休んでまで受験勉強をしたいということでなければ、通常の生活を送ったほうがいいと思います。

posted by 算数・理科の兼学塾 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験情報

2017年10月11日

特殊算の勉強法

算数が得意な生徒は、「流水算」「時計算」「通過算」などの解き方を、いちいちおぼえていません。単元別の問題練習をして、問題の設定に慣れてしまえば、どれも似たような解法で解けるからです。逆に、小5の2学期以降に成績が下がってしまう場合は、問題の設定をよく理解していない、旅人算や和差算など基礎的な解法が身についていない、などの原因が考えられます。

問題の設定の理解が甘い場合は、集団授業の指導法にそって、こまめに図を描いたり、苦手なパターンの解き直しをすれば、できるようになっていくと思います。ただ、旅人算、和差算、比などが根本的に分かっていない場合は、流水算などの応用問題を解くと逆効果です。わけもわからず、数字を組み合わせて足したり割ったりするくせがつくと、後々まで悪影響をおよぼします。個別指導に切り替えたり、易しいクラスに移ったりして、小4〜小5の9月ごろまでの復習を優先するほうが早道です。また、意外と、小学校レベルの算数の理解が不足し、テキストの例題と少し設定が変わると、解けなくなってしまうという場合も多いです。小5の後期は、学校でも割合や単位量あたりの数など重要な単元を習うので、学校と塾の勉強をバランス良くこなしていくのがおすすめです。
posted by 算数・理科の兼学塾 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 文章題を解くコツ

2017年07月21日

いよいよ夏期講習

いよいよ夏期講習が始まります。「夏は天王山」といった古い言い回しもありますが、「夏休み明けは、復習の不足や疲れで調子を落とすかも」と思っておくくらいでちょうどいいと思います。長時間勉強しているからという安心感は禁物です。課題が多すぎて、消化不良になりがちな夏休みこそ、地道な復習を意識することが重要です。

また、学校の宿題は、小6の夏休みでも、しっかりやっておくほうが、入学後を考えるとプラスになります。都合が悪ければ学校の宿題を軽視してもいいという姿勢になってしまうと、私立中の速いペースの授業に追いつけなくなる危険があります。また、首都圏模試の偏差値で60以下の場合は、小学校レベルの勉強で、何か問題があることが多いので、そういう意味でも、小学校のワークを完璧にすることに意味があります。

夏休みが明けると、すぐに模試や過去問演習など総合的な問題を解いていくことになります。夏期講習をペースメーカーにして、着実に基本問題の穴を潰していくことが大切です。


posted by 算数・理科の兼学塾 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験情報

2017年05月17日

移転のお知らせ

小6の1学期は、小5までの総復習に加え、社会の公民や、算数・物理の発展問題など抽象的な設問が増えます。今まで順調に進んでいても、理科などでスランプになることがありますが、夏休み頃には帳尻が合えばいいと構え、例題など基本問題の理解に時間をかけてください。

さて、5月29日から、塾を移転することになりました。新住所は、東京都北区西ヶ原4−10−10になります。

最寄り駅は、都電荒川線西ヶ原4丁目、JR駒込駅、都営三田線西巣鴨駅になります。スーパーマルショウやみんなの公園の近くです。建物は、茶色の一軒家です。

アクセス



posted by 算数・理科の兼学塾 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月23日

本年度の受験を終えて

本年度は、赤ちゃんを育てながらの授業で、受験生は少なかったのですが、やはり中学受験が終わった後は、格別な感慨があります。多くの小学生にとって、中学受験は、始めて遊び半分ではなく乗り越えるハードルになります。それだけに、受験勉強が進んで現実が見えてくると不安定になる受験生も多いですし、結果が悪いと必要以上に気に病んでしまう場合もあります。ただ、努力と工夫を重ねて現実に立ち向かう経験は、大きく小学生を成長させます。小5の受験生と、入試を終えた新中1は、子供と大人の違いがあります。そして、それは伸び伸びと好きなことをやるだけでは身につかない宝物です。中学受験では、親子が一丸となって立ち向かう入試だけに、ご家族が何かしら後悔されることも多いです。それは仕方ないことではあるのですが、建前ではなく、都合が悪いことも含め、受験のプロセスから得るものが、入試の結果よりも大事だと思います。
posted by 算数・理科の兼学塾 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月21日

過去問演習の季節です

秋は、通常の受験勉強に加えて過去問演習も始まり、忙しい季節です。入試問題では塾で習う問題パターンに当てはまらない問題も出題され、試行錯誤するのが苦手なタイプの受験生は、なかなか過去問で得点できないことがあります。たいていは受験直前までがんばっていくと合格レベルに達するので、あまり心配はいりません。ただ、無理に第一志望の過去問を解き続けるのは禁物です。問題文を理解していない状態で、解き方をその都度教えてもらうという学習スタイルに陥ると、問題を解く力がつかず勉強時間が無駄になってしまうからです。兼学塾では聞かれた質問には答えますが、第一志望の問題を理解させるというより、易しめの入試問題を使って、自分で問題文を読み手を動かす練習をすることに力を入れています。過去問演習で不調になる場合、かなり易しい問題でも、最初はうまく問題が解けないことが多いです。特に、算数で合格最低点を大幅に下回っている場合は、柔軟に学習計画を変え、易しい問題から始める方がいいと思います。
posted by 算数・理科の兼学塾 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問演習

2016年10月04日

2月3日の入試

お久しぶりです。7月に出産をし、とにかく忙しくてブログの更新をしていませんでした。今になって、子供が生まれて無事に育っているのは、人生は不思議だという気持ちです。受講生の皆様に、できるだけ迷惑をおかけしないようにがんばります。

2月3日は、国公立中の入試がいっせいに行われます。私立中学とは出題傾向が異なり、特に中高一貫都立では倍率が非常に高いので、3日目の出願校についてお問い合わせを受けることがあります。私は、「大人びたお子さんで、かつ記述問題を課す私立と併願する場合は、国立中や中高一貫都立を受けると有利かもしれない」と考えております。国立中では、一見、易しい問題が出題されますが、小学校の教科書に載っていることを正確に理解していなければ解けない問題が出題されます。中学受験生はまだ幼いので、ドリルやテストを簡単に解けるというだけで、小学校の勉強を分かった気になってしまいますが、そのような精神年齢だと、よほど算数ができないと厳しいです。また、中高一貫の公立校では、出題意図を理解し、素早く正確に答案を作成することが求められています。常識から問題の出題意図を推測し、他者の視線を意識したアウトプットができるくらいの客観性が身についていると有利になります。

ただ、小学生の時点で精神的に大人びていることが、後の人生を豊かにするかはよく分からないです。中学受験の成果は、ある程度最終学歴に直結します。ただ、大人の意図に沿って行動できるということは、年相応の失敗をする機会が少なくなるということでもあります。自分中心の単純な物の見方しかできない場合、受験では不利になりますが、粗忽であるがゆえに大人からこっぴどく怒られたり励まされたりして、他者と関わり合うことができます。中学受験の場合、何が良いかは誰にも分からないことなので、志望校についてあまり思い悩まず、ご本人の発達段階や個性に応じて柔軟に決めていくのが良いのかもしれません。
posted by 算数・理科の兼学塾 at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験情報

2016年05月30日

国語力

中学受験では、中2くらいまでの基礎知識が出題されます。テキストでは、小学生でも読めるように配慮されていますが、結局のところ中2くらいの読解力や理解力がないと、場当たり的な暗記になってしまい、勉強がうまくいかなくなります。

例えば、「展開図」「内角の和」「示相化石」などの用語は、模試や問題集の解説で普通に使われますが、漢字のイメージが乏しいと、直感的に問題の意味を把握することができません。

また、小学生にも理解できるように書くと、数式や専門用語で説明できない分、どうしても解説が長くなりがちになります。文章を素早く読めないと、それだけで不利になってしまいます。

小学校の国語はできて当たり前と思い込んでしまう受験生もいますが、意外と基礎的な国語力の欠如は怖いです。国語が苦手な受験生の場合、小学校高学年〜中学2年生くらいの基礎的な問題集が役立つことがあります。(教科書準拠の問題集や、普通のドリルで十分です)予習シリーズなどの受験問題集を使っている生徒さんが、実は、易しいドリルの指示語の問題が解けていないことが判明するなど、ひやっとすることがあります。国語のテストで思考力を問う問題が解けていないときや、問題文の読み間違いが多い場合は、思い切って学年相応の問題集を使ってみると、隠れた弱点が見つかるかもしれません。
posted by 算数・理科の兼学塾 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 成績不振からの脱出